ホーム > 理事長挨拶

理事長挨拶

ごあいさつ

社会福祉法人 清郷会
理事長 三橋 輝男

社会福祉法人清郷会は、昭和60年印旛広域行政下、3市6町2村、人口41万2千人を有する地域に知的障害者更生施設(居住)が 一ヶ所も設立されていない現状を鑑み、地域ニーズに根ざした地域福祉 サービスを提供することを目的に、富里市日吉倉698三橋郷平氏 所有の土地、設立資金の寄付を受け、昭和61年2月法人認可を受けました。

昭和61年4月、障害者支援施設『協和厚生園』を開設、地域ニーズに応え、平成元年5月知的障害者通所施設『日吉厚生園』を開設し、平成6年4月、富里町、八街市、酒々井町、人口12万3千人を有する地域に、特別養護老人ホームが一ヶ所も整備されてなく、入所希望者の現状に対応するため、障害者福祉のみならず高齢者福祉向上の一端を担うべく、特別養護老人ホーム『九十九荘』を開設しました。平成11年4月には、知的障害者の重度化に対応した特殊浴室を完備したバリアフリーの施設、障害者支援施設『十倉厚生園』を開設しています。

平成14年10月、施設利用者の地域生活移行を積極的に勧めるため、グループホーム『ほっとハウス』を開設、平成18年4月に『ひだまり』、平成22年4月に『三歩ハウス』、平成26年8月に『十倉ハウス』、平成27年7月に『朝日ハウス』と、今後もグループホームを順次開設していく予定です。

また平成17年11月には、法人内で亡くなった家族のいない利用者が永久の眠りにつく『納骨堂』を整備しました。

平成23年4月、富里市行政の30年間の懸案であった日吉台小学校区エリアに保育所『青空保育園』を開設し、平成24年10月には、法人初の知的障害者就労系施設となる多機能型(就労移行・就労継続B)事業所『ワークわく・きよさと』を開設しました。

以上のように『揺り篭から墓場まで』を目標に、地域社会福祉圏の核となるべく施設準備をしてきております。

今後も地域福祉の向上に取り組んでまいりますので、皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。